智翔館 東進ドットコムリンク会社概要採用情報 Google
WWW を検索chishokan.co.jp を検索
HOME 智翔館のご案内 小学生 中学生 高校生 高卒生 個別面談お申込み お問い合わせ

2017 合格速報(4月11日時点)


2016合格体験記 FILE01

熊本大学

教育学部 特別支援学校教員養成課程

埋ノ江 さん佐世保北


大嫌いから大好きへ

高校先取り数学で最高のスタート!
私は中学生の時から数学が苦手で、もう数学なんか見たくないという状況でした。しかし高校入学直前の春休みの先取り学習のおかげで数学嫌いがなくなり、高校では数学が一番好きな教科になりました。学校の授業よりも先に取り組むことで理解度も上がり、自分の時間が作れたことでテスト勉強も十分に行うことができました。

計画を立て、部活と両立!

私は吹奏楽部に所属していて、練習時間も長く休みもほとんどない状態でした。東進は短期間に集中して取り組むので忙しくても受講することができます。担任の水田先生と前もって計画を立てて効率よく勉強を進めることができました。

毎日少しずつ。それが大切!

英単語や古文単語は一度にたくさん覚えようとするのではなく、高速マスターを利用し毎日少しずつでもいいので取り組んだ方がいいです。学校で単語テストがありますが、面倒に感じても自分が受験生になった時のことを考えて頑張った方が力になります!

支えてくれた、たくさんの人に感謝

私は気持ちの浮き沈みの幅が大きく、結果が悪いとすぐに落ち込んでしまっていました。しかし、そんな時もたくさんの人に支えてもらえたことで最後まで頑張ることができました。本当に感謝しています。


詳しくはこちら

2016合格体験記 FILE02

上智大学

外国語学部 フランス語学科

江里口 さん聖和女子学院 [英語科]


国語は全ての教科の基礎になる

私は板野先生の「ハイパー現代文(上位国公立大編)」をオススメします。この講座は文章の読み方、ポイントの見つけ方などを簡潔に教えてもらえるのでとてもわかりやすかったです。また、豆知識として評論の話題になりやすい思想の概念などにも触れるのですが、入試に小論文があった私にとって非常に役に立ちました。国語は全ての教科の基礎になると思うので、苦手な方は是非板野先生の講座を受けてみてください。現代文がきっと楽しくなります!

東進に入ってよかった!

東進では他校の方が大学受験へ向けてとても頑張っていたので、自分も頑張ろう!という気持ちになることが出来ました。また、教室が静かなので勉強にとても集中出来ました!将来は世界中の子供たちが教育を受けられるような制度を整えて行きたいです。

面談で小論文・面接対策!

最初は小論文の書き方が全くわからず、水田先生によく面談をしてもらいました。私の考えと先生の感じる事を話し合うことで沢山の発見があり、同時に書き方にも慣れることができました。面接に関しても、志望理由書や過去問に沿って質問に対する受け答えを一緒に考えて練習しました。面接は学校の先生や友人など自分のことをよく知る人だけではなく、塾の先生などより多くの人からアドバイスをもらうことで試験当日の予期しない質問へもスムーズに対応が出来ると思います!




詳しくはこちら


2016合格体験記 FILE03

福岡教育大学

教育学部 初等教育教員養成課程

嶋居 さん佐世保南


苦手が得意になりました!

宗先生の現代文トレーニングの講座は、特に国語が苦手な人は受講をしてください。私は国語は大の苦手でしたが宗先生の現代文講座を受けたことで解き方がわかり、楽しく国語に取り組むことができました。センター試験本番でも小説は満点が取れ、とても感謝しています。みなさんも点数が出ない日々が続いても最後の最後まで諦めずに頑張ってください。たとえ1%の確率でも奇跡は起こる!

思い切りやれば結果が出る!

自分が疲れている時や落ち込んでいる時など、励ましの言葉や時々、喝を入れてくれたことで勉強に集中することができました。志望校をきめる時なども親身になって一緒に考えてくれました。推薦の面接練習も熱心にしてくれ、とても自信を持って受験できたと思います。また、親にも感謝しています。お弁当や毎日の送り迎えなど、いろんな面で支えてくれました。勉強して合格することが親孝行だと思ってやってきたので、本当に合格できて良かったです。親からの言葉で「思い切りやれば、結果が出るから頑張れ!」と言われたことは、今でも忘れられません。

必ず夢を叶えます!

小学校5年生の頃の担任の先生が、私に夢を与えてくれました。それが小学校教諭だったのです。子どもが大好きで、教師になった時には毎日児童たちと一緒に学びながら成長していきたいと思います。 大学は自分の夢や希望を実現するための途中経過ですが、大切に過ごしたいと思います。勉強と教養を深めて、私も児童に夢を与えられるようにしたいです。


詳しくはこちら

2016合格体験記 FILE04

北九州市立大学

地域創生学群 地域創生学類

川口 さん佐世保北


将来につながる勉強ができました!

私のオススメの講座は清水雅博先生の「センター試験対策 政治・経済」です。この講座は政治・経済を詳しく勉強したいという方にオススメ!講座では深いところまで教えてもらえるので、センター試験で得点を取りたいという生徒だけでなく、大学に入ってから経済を勉強するという方はぜひ!センター試験で得点を取る為だけではなく、将来につながっているということを意識すると勉強に向かう姿勢も変わると思います。

自信を持って笑顔でハッキリ話せた

私は地域政策に興味があり、第一志望校に合格するチャンスは多い方がいいと思い、AO入試を受験しました。AO入試を受けると他の勉強ができなくなると言われますが志望校に合格するチャンスを少しでも広げたい方は是非活用してください。私は塾でも面接の指導をしてもらい、質問への返答はもちろん態度や表情、話し方もアドバイスをもらいました。また、改善点だけでなく私の良いところも見つけてもらい、おかげで試験本番では緊張しながらも自信を持って笑顔でハッキリと話すことができました!
私が希望した学部は実践活動が多い為、その場に応じたコミュニケーションを意識しました。ディスカッションでは周りがよく話す人ばかりだったので、意見に対する質問や反論、付け足し、話の軌道修正を心掛けました。焦らず状況に応じて一つ一つの質問を理解することが大切です。その他、オープンキャンパスへの参加をオススメします。志望意欲を高めるためにも、面接でのアピール材料にもなります。





詳しくはこちら


2016合格体験記 FILE05

長崎県立大学

経営学部 経営学科

土本 さん西海学園


地元の活性化に貢献したい

私が合格して思うことは東進に入って本当に良かったということです。私が通う高校は私立大学の進学が多く、ほとんどが県外に進学をします。私は地元の活性化に貢献したいという気持ちがあり、県外に進学して戻ってくるよりも地元の長崎県立大学に行きたいと思っていました。そこで東進に入り一般推薦を受けようと決心し、そこで対策を念入りに行えたことが合格につながったと思います。東進に入ったことで頑張ることができたので感謝しています。

東進の推薦対策をフル活用!

私が推薦入試対策にお薦めする講座は、河本先生の小論文基礎トレーニングです。私は文章を書くのが苦手で、与えられた文字数を埋めることもできませんでした。しかしこの講座を受けていくと小論文の基礎から学ぶことができ、知識の幅が広がりもっと詳しく調べたいと思うようになりました。さらに、高速基礎マスター講座を同時に進めていくことで語彙力も強化でき小論文が書けるようになっていきました。また面接対策も両立して進めていける点がよかったと思います。

飽きやすい私も集中力が向上した

水田先生には何度も面談を行い、将来や大学について心強いアドバイスを頂きました。私は、飽きやすく何事も長続きしませんでした。しかし、水田先生に言われた毎日登校を実践していくことで習慣が身につき集中力も向上。さらに東進では多くの先生方が真剣に向き合ってくれます。面接が不安な時も先生方と練習して心強い言葉をかけてもらい受験に臨むことができました。




詳しくはこちら

2016合格体験記 FILE06

山口県立大学

国際文化学部 文化創造学科

吉田 さん佐世保南


仲間が居たから頑張れた!

私は吹奏楽部の部長をしており、他の部活よりも練習時間が長く、勉強と両立できるか不安な時がありました。東進では山下先生をはじめ多くの先生が話を聞いてくれたりアドバイスをしてくれたりと、一緒に受講の計画を立て自分のペースで受講することができました。さらに個人やグループで向上得点を競い合うことで勉強への意識を高めることができました。グループ面談ではみんなで計画や目標を達成するための話し合いを行うことで、3年間頑張ることができました。

後輩に伝えたいこと!

「後悔先に立たず」という言葉があります。受験生になって、良く1・2年のうちから勉強をしておけば良かった、と思いました。勉強はできるときにやっておく。受験生になってから勉強をしない人はいないので、どれだけ先にしておくかでその後の勉強に大きく関わってきます。特に1・2年では高速マスターを徹底的にして基礎力を鍛えておくことが大切です。

ユニークで面白い説明!

私のオススメの講座は富井健二先生のビジュアル古文読解です。長文問題だけでなく基礎の古文単語から学ぶことができます。先生のユニークで面白い説明のおかげで、単語がどんどん入ってきました。単語帳のように頻出順ではなく、同じ意味を持つ単語ごとに分けられているので整理しやすかったです。高速マスターのセンター古文単語250と同時進行で受講していくとより覚えやすいかと思います。学校の授業でもよく出てくるので、単語を覚えているか確認できます。もともと古文が好きだったので楽しく進めることができました。



詳しくはこちら


2016合格体験記 FILE07

津田塾大学

学芸学部 数学科

松尾 さん佐世保西


数学が得意になった!

私は中学3年の2月から数学の先取り学習を始めました。特に春休みになると自由な時間が増えるので、1日に3、4コマ受講し二次関数まで終わらせることができました。また理解できなかった問題は何度も確認テストを受けて理解していき、後から学校の授業を復習として受けることで、曖昧な部分も頭の中で整理されて定着していきました!先取り学習のおかげで数学が得意で、特に2次関数が大好きです。改めて先取り学習が大事だったと実感しています。

先生の言葉が復習ノートに

私のオススメは、金谷先生のベーシック日本史です。この授業では時代の流れをわかりやすく解説してくれるので、なかなか流れの掴めない人にオススメです!私は先生の言葉をメモして自分で同じような授業ができるようになるまで復習していました。その為に1コマに3時間費やしたこともありますが、そうすることで単語が繋がっていき、学校のテスト前にも最適の復習ノートになりました

闘争心で成績も上がる!

私は東進でセンター試験本番1年前のセンター試験同日体験受験を受けてから、最後まで校舎に残って勉強し始めました。そうして1つ上の先輩達と一緒に勉強することで焦りを感じ、ますます勉強に力が入りました。それから同級生達も一緒に最後まで勉強するようになっていき、今度はその友達に負けたくない!!という闘争心が沸いてきました。その結果成績も上がり、自分に自信が持てるようになりました。また、一緒に教え合うことでわかっていない部分が見つかるのでお互い良きライバルとして、勉強できました。


詳しくはこちら

2016合格体験記 FILE08

白百合女子大学

文学部 国語国文学科

今村 さん川棚


高速マスターで長文対策

高速マスターの「英単語センター1800」を完全修得した後は、分からない単語がなくなり長文への苦手意識が消えました。また、音声もついているので目だけでなく耳でも単語を覚えることができ、リスニング対策にも本当に役立ちました。さらに完全修得した後も毎日100問ずつ繰り返し復習することによって更に記憶を定着させることができるので、必ず実施するようにしていました。高速マスターは単語習得のツールとして最適だと思います。

素晴らしい出会い!

私の通う高校から東進に来ている人は他におらず最初のうちは不安でいっぱいでしたが、先生方はもちろん他校の生徒の皆さんも温かく優しく接して頂けたので、すぐに不安は解消され楽しく通うことが出来ました。また他校の皆さんの模試の点数や勉強に対する姿勢に触発され、自分も更に努力をしなければいけない!と思うことが出来ました。

闘争心で成績も上がる!

私のオススメの講座は出口先生の「新驚異の論理力トレーニング」です。私は子供の頃から読書に慣れ親しんでいたので国語も得意科目だと思っていましたが、東進模試では思うような点数がとれませんでした。その時先生からオススメして頂いたのがこの講座。講座で出口先生は「現代文は感覚で解くのではなく論理で解くもの」とおっしゃっており、私は目からウロコが落ちたような気がしました。受講を進めていくうちに論理的な解法が自然と身につき、おのずと現代文の点数も上がりました。





詳しくはこちら


2016合格体験記 FILE09

獨協大学

国際教養学部 言語文化学科

野中 さん聖和女子学院 [英語科]


頑張る友人と一緒に頑張る!

毎日同じ学校に通う友人と一緒に塾での学習に取り組みました。彼女とは小論文のテーマについて話し合いをしたり、面接の練習をしたりしました。おかげで本番では練習通り緊張せず臨むことができました。また、受験だけでなく普段の学習面でも彼女の勉強に対する熱意を身近で感じ刺激を受けて、週末も塾に登校し意欲的に勉強に取り組むようになりました。友人には本当に感謝しています。これからも友人と共に勉強を頑張りたいと思います。

効率のよい情報収集の方法

私は、河本敏浩先生の小論文基礎トレーニングをおすすめします。小論文の書き方だけでなく、グローバル化や少子高齢化など実際の試験で問われるテーマの知識をたくさん教えて下さりました。また、小論文を書くにあたって必要となる情報収集の手段の一つとして新聞を読むことがあります。河本先生は新聞からの効率のよい情報収集の方法も教えて下さり、私自身小論文で使えそうな情報をたくさん得ることができました。本番では講座と新聞で得た情報を元にスムーズに書くことができました。

面接も小論文もしっかり対策!

担任の水田先生は、いつも私の大学受験合格の為にたくさんのアドバイスをして下さりました。志望校の小論文の過去問が難しくてなかなか書けずに困った時も、一緒に書き方を考え、少しずつですが書けるようになりました。入試直前まで対策することが出来たので本番でも緊張せず書くことができました。面接指導もして頂き本当に感謝しています。

詳しくはこちら

2016合格体験記 FILE10

九州大学

経済学部 経済・経営学科

福田 さん佐世保北


受験本番は本当に緊張します!

過去問演習二次試験対策をやってて良かった!
僕は、8月から過去問演習に取り組んでいきました。始めは、難しかった九大の問題も、添削で細かいところまで丁寧に見てくれるので、どのポイントを改善すればよいかが分かり、以後の学習や対策に生かしていくことができました。おかげで二次の傾向にも慣れ、全教科難化していた今年の入試問題でも成果を出すことができました。僕はセンター試験で出遅れており、得意な数学で取り返そうという気持ちが強かったのですが、数学がこれでもかというくらいに難しくなっており、序盤で一旦ペンを置きました。それでも「みんな難しく感じているだろうから粘り勝つ!」とすぐ切り替えて解答に取り組み、今回合格を掴み取ることができました。本番では、どんな問題が出るか分かりません。それでも、焦らず粘り強く目の前の問題に取り組んで下さい。

林修先生の「センター現代文90%」

林先生をぜひ受講してください!ついつい自己流で解きがちである現代文を、その文章構成を徹底的に分析して論理的に問題を解くための講座です。TVなどで現在活躍されている林修先生の問題解説はとても分かりやすく、センター現代文史上最難関とされた問題でさえ、論理的に紐解いていくことができました。現代文が苦手だという人、伸ばしたいという人は是非受講してみて下さい!








詳しくはこちら


2016合格体験記 FIL11

九州大学

経済学部 経済工学科

野口 さん佐世保南


受験勉強にフライングなし!

先取り学習で数学と英語が得意科目になりました!
僕は中学校3年生の春休みから東進を始めました。毎日東進に通うのは大変でしたが、早期に受講を始めた数学と英語は得意科目にする事ができました。数学や英語を早期に固めた事で、センター試験の前に苦手な理科に時間をかけることができました。やはり国語、英語、数学の主要三科目を早期に固めることは大きな戦力となります。逆にその三教科に1つでも苦手がある人は早期に固めるべきです。よく言われますが、受験勉強にフライングはありません。志望校合格のために今できる事は今やる事が大切です。

志望校をまずは知ること!

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。受験勉強において敵は自分の志望校、己は自分の実力と考える事ができます。志望校の事は調べればわかりますが、自分の実力はなかなか分からないと思います。そこで有効なのが東進の模試だと思います。僕も後日受験の時や苦手な教科に対してはあまりやる気が起こりませんでしたが、志望校に向けてどの強化をどれぐらいやればいいかを知る事ができて本当によかったと思います。特に3年生になると残りの模試の回数も段々と限られてくるので、ひとつひとつ大切に受けてください。

継続することが合格への近道!

僕が受験生に伝えたいことは、計画性と実行力を鍛えることです。受験期はやってもやっても勉強が足りないのではないかと思ってしまうものですが、無計画に自分の限界以上のことをやろうとするのは逆効果です。僕も無理をして睡眠不足が続き、充実した学習ができない時がありました。大切な事は誰にでもできることを誰にもできないくらい続ける事です。毎日の受講や、高速マスターなどの学習だけでなく、規則正しい生活を送る事は誰にでもできるようですが、続ける事が難しいです。それでも続ける事で合格へ近づくはずです。頑張ってください。

詳しくはこちら




2015 合格実績


 
お茶の水女子大学

将来は文房具に携わる仕事に就きます!!


久留ケヤキさん
東進講座で苦手な数学を克服!
 私は高1の頃から数学に苦手意識がありました。このままでは数学で他の教科の足を引っ張ってしまうと思い、高3の6月に東進に入りました。真っ先に受講を始めたのは志田先生のセンター数学対策講座です。センター試験まで残り7ケ月ほどしかないのに、過去問を解いても50点も取ることができずにかなり焦っていたのですが、志田先生の授業はとてもわかりやすく、巻き戻してみることもできて自分のペースで学習を進めることができました。おかげでセンター試験ではかなり良い点をとることができ、自分史上最高の伸び率を記録しました!
東進模試の解説授業はわかりやすい!
 東進模試は、学校で受ける模試と比べると少し難しめです。本当にこんなレベルの模試はありえるのだろうか。と疑っていたのですが、実際のセンター試験本番の問題も予想に反して難しかったので、東進模試で慣らしておいて正解でした。また、問題は難しくても解説はわかりやすくできています。だから、復習もはかどります。地歴公民は、同じ問題が出題されたり、関連性のある問題が出たりすることが多いので、解説をまんべんなく読んでおくと、思わぬところで役に立ちます。また、解説授業もわかりやすくていねいに教えてくれます。
後輩へメッセージ!

 受験生になってからの1年間は、とにかく自分自身と闘う日々でした。私はメンタル面が弱く、センター試験では控え室で大泣きしてしまい、思うような結果を出せませんでした。2次試験に挑むために私に必要だったのは自分に自信をもつことでした。過去問を解いて添削をしてもらい、問題に慣れることをくり返しました。本番では、こんなに頑張ってきたのだから大丈夫!と言い聞かせると、不思議と緊張も解けて、自分の力を出しきることができました。自分自身に勝つことができれば、合格に一歩近づくことができます!

 
首都大学東京
東進で英語が得意教科になりました。

道下悠介くん
やっぱり音読! 音読で英語は伸びる!
 安河内先生の「基礎から偏差値アップ」と「英文法W」はすごく良かったです。 基礎から偏差値アップではいろいろな形式の問題を簡単なものから難しいものまですることができます。  システム英文法Wでは文法の説明がとても詳しいので授業で理解してなかったとこや試験によく出るところをしっかり身につけることが出来ます。  これらの講座と音読をしっかりやれば絶対英語は伸びます。安河内先生はしつこいくらいに音読をやるように言ってきますがやっぱり大切だと思います。
<英語> 高2の2月 高3の6月 高3の12月
  104点 130点 161点
   
高速基礎マスターは本当に役に立ちました!
 私は高3で入塾しましたが、初めは英語が全く出来ませんでした。しかし、高速マスターで英単語と英熟語、そして英文法を早めに完全修得したことでセンター試験本番レベル模試の点数も伸びてきて英語が得意教科になりました。 高速マスターは毎日少しずつ出来るし、一気に復習も出来るのでどんどん英語力がつきます。なるべく早く完全修得するといいです。
センターでC判定でも過去問対策をしっかりやれば大丈夫!
 センター試験で失敗してしまい、ギリギリC判定くらいでしたが、二次試験に向けて切り替えて東進の過去問演習講座で過去問10年分をしっかり解きました。それまでの勉強の成果が出ると信じて取り組んだので合格できました。最後まで諦めずにやり続けることが結局一番大切なことだと身をもって感じました。
 
神戸大学
志望校対策過去問演習が合格の鍵!

田中宏一郎くん
神戸大学の過去問演習で自信がついた!
 自分は神戸大学の過去問を3年の夏あたりから解き始めました。こんなに早くから始めて意味があるのかなと思っていましたが、問題の形式に慣れることができ、とても良かったです!2次試験の問題は大学により傾向や対策があると思うので大学を決めたら少しずつでも解いていくほうが良いと思います。大学によっては講座があり、赤本よりもわかりやすいので、とても良かったです。また、本番の試験中に自分はこれだけ過去問をやってきたから大丈夫!と自信を持てたのが一番良かったです。
今井先生のおかげで英語が好きになれた! ※今井先生のC組はおすすめです!
1年生の頃は英語が好きではありませんでしたが、今井先生の講座はわかりやすくて、おもしろく、たとえ英語が嫌いでも楽しんで受けることができます。今井先生のおかげで文法力を上げるだけでなく、英語を好きになれました。英語はこの講座と高速マスターをできる限り早く終わらせることで基礎力はバッチリつくと思います。
<英語> 高2の2月 高3の6月 高3の12月
  113点 159点 172点
後輩に伝えたいこと!
 自分は副教科より英語、数学などの主要教科の方が得意でした。とりあえず英語は高速マスターの日本語入力、数学は先取りをしっかりやれば基礎力はつくと思います。数学の力があれば化学、物理は得意科目にできます。理系なら数学をまずは得意にしてみてください。私は中3の高校入試合格発表後から高校の先取りをして本当に良かったと思います。中3の時にがけっぷち組にいた自分がここまでできたのは先取りを継続したからだと思います。また、副教科は自分の行きたい大学の配点を見て力を入れる科目を決めたほうが良いと思います。最後に自分が合格できたのは良い友人や先生がいたからだと思います。つらい時は山下先生にとりあえず相談してみてください。必ず解決してくれます。
 
九州大学
吉野先生のスーパーパワーアップ古文はおすすめです!

光富真理子さん
吉野先生の授業で知識を整理できました!
吉野先生の「スーパーパワーアップ古文(国公立編)」はおすすめです。全10講で国公立大の過去問を解いていくような形なのですが、解答の作り方など二次試験に対応する力が十分つきました。また、テキストには文法のまとめや文法問題、文学史や和訳の修辞法などがまとめて載っているので、頭の中でバラバラになっていた知識を体系づけて覚えることができました。センター試験と違って記述力が問われる二次試験には十分な対策が必要とされますが、学校ではセンター試験が終了してからの授業でしか対策がされないので、早めに受講することをおすすめします。
《後輩に伝えたいこと》結局やるのは自分自身!!
意欲があれば、どこまででも自分で出来る!
 受験期だけでなく、高校での学習全般を通して感じたことは、「やるのは自分自身だ」ということです。当たり前のことですが、どれだけ環境が整っていても、自分が勉強しないと何の成果も表われません。 逆に言うと、意欲があればどこまででも自分で出来るということです。 東進はとても環境が整っているので、しっかり昨日を活用しながら限界を作らずに、かつ計画的に頑張っていって欲しいと思います。
部活と勉強は車の両輪!
「勉強と部活は車の両輪」だと学校の先生に言われることもあると思いますが、これは事実です。「部活が忙しいから・・・」と言って勉強をおろそかにしても、結局は両方中途半端になるだけです。私もそのようなことが何度もありました。部活で培った集中力や、本番での緊張への対処の仕方、限られた時間の中での時間のやりくりの仕方などは必ず受験勉強にもつながってきます。また、部活を一生懸命していて一番良かったことは「やりきった」という達成感です。これは何にも代え難い大切な経験になりました。今部活をしている人には、部活も勉強も両方やり切って欲しいです。
 
広島大学
センター過去問演習を早くから始めること!

青木ちひろさん
 私はやる気が持続せず、受講ペースを保つことが苦手でしたが、だからこそ前倒しで受講することを心がけ、スイッチが入った時などは1日2〜3コマ受講をしていました。東進のセンター過去問演習講座は全科目10年分の過去問演習と解説授業があるのでとてもお勧めですが、時間もかかるのでセンター直前に焦らずに済むよう通期講座は早めに終わらせた方が良いと思います。高総体前の忙しい時に少しずつでもコツコツと受講を積み重ねていくことで高総体後にやるべきことが明確になり、集中して取り組むことができます。文武両道でやり遂げられる人は絶対に受験でも強いので、両立させて頑張ってください!
確認テストを復習に活用!
 受講毎の確認テストも受講と同じように何度でも出来ます。私は担任の先生と相談して、一度受講した後の確認テストでまずSS判定をとり、復習のために1ヵ月後くらいにもう1度、確認テストを受けるようにしました。こうすることで、受講で得た知識を忘れてしまう事を防ぎ、覚えておくべき事のもれを防ぐようにしました。担任の先生と一緒に決めた講座はきちんと受講すれば必ず成績が上がるので、確認テストや修判テストの内容までしっかりと理解して次の講座へ進んだほうが良いです。もし成績が伸び悩んだときは、新しいことに手をつけるのではなく、ふり返り学習をしてみて下さい。

音読で筆記もリスニングも成績UP!

 私が受講した講座で一番お勧めなのは安河内先生の「基礎から偏差値UP総合英語」です!英語が高1からずっと伸び悩んでいましたが、安河内先生の授業で点数UPにつながる音読の仕方を一から丁寧に学ぶことができました。長文読解のスピードがあがりセンター試験の長文で点数を取れるだけでなく、音読を行うことでリスニングにも強くなれるのがこの講座のいい所です。センターの点数が伸び悩んでいる方には、ぜひ受講してほしいと思います。
 
岡山大学
東進の高速学習で一気に伸びた!

竹内祐貴くん
 高3の高総体まで全く真面目に勉強せず、本格的に勉強を開始したのは体育祭明けです。物理・化学を必ず1日に1コマ受講しました。東進の先生の説明はとても分かりやすく、授業とともに定着させながら高速学習ができました。時間がなかった自分にはとてもありがたかったです。
<7科目> 高3の4月 高3の8月 センター試験本番
  321点 505点 661点
9ヶ月で340点アップ!

<竹内くんのおすすめ講座>
@スタンダード物理(山口先生)・・・とにかくわかりやすい
A新スタンダード化学(橋爪先生)・・・化学が好きになる
B基礎から偏差値アップ(大河内先生)・・・音読を続けたら英語が好きになる
東進模試はどの模試よりも良かった!

 最初、自分は東進模試はセンター試験より難しくできているものだと思いましたが、12月最終の模試の点数とセンター試験の点数が近かったのは驚きでした。学校も東進模試を受けさせるべきだと思いました。自分の弱点がわかり、短い時間で成績を上げるための良い材料になりました。

成功例…毎日勉強する! 失敗例…模試の結果をうのみにする
 合格して思うことは、国公立大学の受験というのはセンター試験と2次試験の合計で決まるものだから、最後まであきらめずにがんばる人が受験に勝つことができるということです。後輩のみなさんも絶対にあきらめないでください。
 
熊本大学
東進の担任の先生のアドバイスが心の支えでした!

永田英淑さん
東進の担任の先生は親身になって話を聞いてくれます!
 私は模試のたびに一喜一憂して、先生に泣きつくことがよくありました。今思うと本当に迷惑をかけてしまったと思います。でも、先生のアドバイス通り、高速マスターや受講、確認テストを頑張ったら成績が伸び本当に良かったです。  国公立前期試験の前に東進の担任の先生から「頑張ったら、頑張った分だけ合格したときの喜びは大きいよ!」と言われたことが心に残っています。本当にその通りでした。先生はずっと1年生の頃から私の心の支えでした。私にとっては本当になくてはならない存在です。
受験は何があっても諦めないことが大切です!
オススメの英語講座 【今井宏先生のC組】
英語の文法の授業ですが、とてもわかりやすいです。授業の途中にある雑談がすごくおもしろいので絶対に眠くなりません。音読を組み合わせると本当に成績が伸びます!音読は絶対にしたほうが良いです。
<英語> 高2の1月 高3の8月 センター試験本番
  89点 141点 167点
一緒に頑張れるライバルの存在!
 私は3年間、同じ高校の丸田さんをライバルとして頑張ってきました。お互いに成績が伸びずに悩むこともたくさんありましたが、ともに励ましあいながら乗り越えた3年間でした。2次試験前にメッセージを書いた手紙をくれて、試験の前にそれを見ることで元気をもらいました。最後まで丸田さんは努力家であり私の良きライバルでした。一緒に頑張れる仲間がいたから諦めずに勉強ができたと思います。本当に感謝しています。みなさんもぜひ、ともに頑張れる良きライバルを作ってください。
 
佐賀大学医学部
最後まで絶対に諦めない!

吉住楓さん
 私が一番伝えたいことは、最後まで絶対諦めないで欲しいということ。センターがあまりよくなくて先生にもさんざん厳しいと言われ、他に行きたい学部もあってかなり迷ったけど、たくさん相談してやっぱり医者になりたいと思い、他に受けたかったところは後期で受けようと決めて、自分が一番納得できる道を選びました。厳しいことは分かっていたけど、自分で配点を見てどれぐらい取れるか考えて、心の底では「受かる!」と思っていたことが、合格につながったのではないかと思います。
山口先生の授業で物理が得意になりました!
物理が楽しくて、どんどん伸びました!
 やまぐち先生の授業は物理の考え方を教えてくれる授業で、私は物理が全く出来ませんでしたが、この授業を受けて物理を楽しいと思えるようになりました!授業の前半は単元の解説、後半は演習問題の解説という構成ですが、問題解説よりも前半の物理現象の解説が大事です。学校の演習でさっぱり解けなかった問題が、受講の後に解くと、どういう状況で何を問われているかが本当に見えてきて、物理が分かる!楽しい!となって、いつの間にか物理が得意になりました。
<物理> 高2の1月 高3の8月 センター試験本番
  47点 62点 85点
時間を上手に使えるようになりました!

1日の勉強の計画を立てることは大切です。
私は一時期やる気がなくなった時がありましたが計画を立てることで自分がやらなければいけないことがたくさん出てきて、これをやったらもっとできるようになる!がんばろう!とやるきが出てきました。たくさんやることがあれば時間を有効活用するために集中力も上がるし、休み時間の過ごし方も変わりました。食事の時間を短くして食事中にも参考書を読んだり、家でもテレビを見なくなったりして、工夫すれば時間は作れます。まずは計画を立てて、時間が限られていることを実感してみてください。

 
大分大学
受講と音読で英語の成績がアップ!

豊村桃佳さん
安河内先生の偏差値アップはオススメです!
 安河内先生はわかりやすく、いつも熱心です。そして、安河内先生が毎回言うことといえば「音読!音読!」という言葉です。私は、友達と音読部を結成しました。音読を始めた頃は、音読で本当に英語力が上がるのかと疑問がありましたが毎日受講後に長文を10回読み、先生に単語テストをしてもらいました。その結果、伸び悩んでいた英語の成績が50点ほど上がり、とても嬉しかったのを今でも覚えています。音読は本当に効果があると思います。みなさんも、だまされたと思って一度やってみてください。
東進だから部活と勉強の両立ができる!
自分のペースで進めることができる!
 私は女子バスケ部に所属しマネージャーをしていました。毎日練習があり、休日は試合や遠征でとても忙しい日々を過ごしていました。しかし、どんなに忙しくても部活と勉強を両立することができたのは東進だからでした。東進は自分で計画を立てそれをもとに受講していくので、無理なく取り組むことができます。 また、受講がうまく進んでいなかったら先生が声をかけてくださるので受講が滞ったままになることもありません。こういうところが東進の良いところだと思います。
東進の担任の先生にはお世話になりました!
 東進の担任の先生は、いつも私たちのことを考えてくれ、的確なアドバイスをしてくれます。進路について悩んだ時や勉強に行き詰まった時など、先生にいつでも相談にのってもらいました。いつも私たちの話を真剣に聞き一人一人の考えを一番に尊重してくれます。 また、私たちのことをよくみてくれていて、小さな変化にもすぐに気づき声をかけてくれます。だからこそ、より信頼をすることができ、何でも話すことができました。私の担任である、山下先生は今では母親的存在です。
 
 
 





学研CAIスクール スタディファン 学研CAIスクール佐世保駅前校 学研CAIスクール大野校 学研CAIスクール広田校
智翔館のネットワーク環境は、富士ゼロックス(株)のセキュリティーサービス 「beat」を導入し、安心・安全な環境で運用しております。
株式会社智翔館は(社)日本青少年育成協会の会員です。